Loco Moco Memory

Hiccoのきまぐれ観劇・鑑賞記録
いつ何を観たか忘れないように・・備忘録
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
きまぐれ写真
リラックマ
MOBILE
qrcode
PROFILE
SPONSORED LINKS
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
Endless SHOCK
 千秋楽。。大千穐楽です。
幸運にも入れさせていただきました。
今回ばかりは本当にラッキーだった気がします。

いつものように演じてる彼らを見ていて
なんだろう、舞台のストーリーとは別の部分でなんとなく涙が出て仕方がなかったです

本当にこの人たちは全身全霊でこの舞台に向かってる
走り続けてるなーって
座長はもちろん、何をするのにも頭のてっぺんから足のつま先まで決して手を抜かないし
常に周りに神経を配ってる。。
それが本当によい意味で伝わってくる

(演者が客席に神経使わせてるようではダメでしょ。。そういうい意味じゃなくて。。ね。
本当に行き届いてる
「周りが見えてなきゃ良いものはできない」
本当にそうだねって。。あの人は常に周りが見えてる人なんだなーってしみじみ思うのでした)


そして、オーナー
本当にこの人の全力さも素敵です
主人公のコウイチをいかにより輝くように見せられるか
そのためなら自分を落としてでも構わないという姿勢がね。。
本当にカッチャンがオーナーでよかった。
ありがとうって思える



新ライバル君
ぶっちゃけね、私、「Playzone(数年前の)」「ガイ○&ドー○ズ」を観たり、ドラマを観ていて。。
ちょっと、「SHOCKには合わないんじゃないか」って心配してました。
初日の幕が上がって、彼のライバルぶりを見るまで、本当に心配だった。不安だった。。
でもね。。。 全てがまだまだ発展途上って光一自身も何かにコメントしていたけど・・。
本当にそうだとは思うけど、彼がライバルでよかったって今は思えます。

必死なのが本当に伝わってくる。。
初日の殺陣は、相手を待っちゃったり、やっぱり「呼吸を合わせる」って言うのが難しいのかなーって思ったりしたんだ。でも、それは他のライバルのときも層だったように、どんどん良くなるだろうって思えた。

ダンスはねぇ。頑張ってました。私良く考えたら、彼のダンスって余り見たことなかったんだ
グループの時にコンサートでちょっとRちゃんと踊ってるのを観たりしたぐらいだった。。
「・・・・・・・」というのが初日の感想だった。でもね、なんだろうね。
 「2回転ターンもまともにできない奴が、夜の海踊るなんてありえない」
と数年前に怒りまくっていたような怒りは起きなかった。多分それは、彼の姿勢なんだとおもう。振り遅れないように早めに振りをしちゃって「早いよ。。。。」と思ったり、ターンも人より早めに開始しちゃったり。。と、苦笑しちゃう部分がたくさんあったんだけど、それでも。。手を抜くということがなくて必死なんだなって言うのが伝わってきた。自分のできなさに甘んじてないところが、好印象でした。

芝居は、私はライバルとしてはN・Rくんの次に好きかも。。。
(余談ですが、N・Rくんは、後半「もう彼にとってSHOCKはこなすだけ?」みたいに思えてしまう部分や、舞台上で素になって出演者と遊んじゃうシーンを見てしまうことがあって、興ざめというか怒りを覚えたことがあったけど、今回はそういうこともなく、本当に最後まで全力で駆け抜けていった感じが取っても良かったです)

強気なライバルより、もろさや弱さが表現できるのが好きなのですよね。怒りまくったり、怒鳴りまくったり、強気でいるより、”強気なのは意地を張ってる”んだっていう「弱さ」「もろさ」をポロっと出せる芝居が好きでした。。

初日が終わったとき、本人が「吐きそう」って言ってたのが印象的だったな。
そして、彼も。。。’サラッ’と相手の懐に上手く入っていけるタイプなんだろうなーと思ってみてました

千秋楽の日に、カッチャンが
「1幕終わると階段のところで、内が。。はぁはぁいってるんだよな。それをみると、’こいつ大丈夫だ’って思えた」
って・・手を抜かないって・・褒めてました

光一も「稽古のときにヘロヘロになっている姿を見て、大丈夫だなって思った」「稽古だから’これぐらいで’って感じになるやつもいるじゃないですか。。でもそうじゃないから、’あ、大丈夫だ’って思った」
ってね。。

私も「うんうん」と話を聞きながらウルウル来てました

あ。。。ちなみに、私は内君ファンではありません
(わざわざ言うなってか! あくまで、ライバルとしてって思いです)

「気持ちでぶつかってきてくれた」
と光一が毎日カテコの挨拶で言っていたけど
本当にそうなんですよね
勢いが強すぎて怒鳴りまくっちゃってる日もあったりしたけど、耳を塞ぎたいと思うことはなくて。。
それでもやっぱりあの告白シーンは’もろさ’をあらわしてくれて涙を誘ってくる。。

初日前の予想と違って
「意外と内君SHOCKにはまったね」
って思えたのでした。

あとはダンスがもっともっと技術を磨いてくれたら。。。
来年もライバルで!!ってね


他の出演者さんもね
途中、男性アンサンブルの方が一人いなくなって
7人になっちゃっていた時期があって、そのときはバランスのために6人フォーメーションが多くて
なんか寂しいなぁって思ったりしたこともあった

パナの突っ込みも絶好調で
「コウイチ、言うほど面白くないから」と突っ込んでくれたときは
拍手喝さいでしたよ(さすがパナさんです)

リカも本当に。。かわいかった
私の中では「砂時計」のあんちゃんなんだ。
花より男子!より、あんちゃんなんだ。。。。
そして、最強でしたね。。3年連続は難しいのかもしれないけど。
またリカ役を演じて欲しいなぁ


暑かったけど楽しかった7月SHOCKでした。
日替わりなのや当日の様子は思い出したら書きます(苦笑)
全体の感想になってしまったわい



SHOCK | 17:46 | - | -
スポンサーサイト
- | 17:46 | - | -